最終的にディーラーにてマイカーを売った際の事です

それまで乗り続けていた車が、そろそろ寿命にさしかかってきたことも有り、また、新しい車を購入したかったという気持ちも含めて、自動車の買い換えの際に、それまでのマイカーを手放す交渉も同時に行っていました。
当初は、いわゆる自動車買取業者さんに幾つか見積もりをだしてもらったりしたのですが、最終的には自動車販売会社さんの方に買取をお願いすることに決めました。
その理由としては、まず、新車の納車までに2ヶ月ほど掛かってしまうと言う問題がありました。
買取業者さんにもその旨を伝えたのですが、どう頑張ってみても、最長で代車は1ヶ月までしか出せないと言われてしまい、せっかくの買取価格の高さにも関わらず、渋々諦めるざるをえなかったんです。
私が手放したマイカーは、トヨタのハリアーで平成15年式の300G Lパッケージというグレードの車です。
走行距離は9万キロにさしかかるくらいの距離を走っていました。カラーは人気色だった黒、傷やへこみなども、一度も事故や接触などを起こしたことがなかったので、戦車傷程度は別ですが、ほぼ真っ新な状態でした。装備に関しても、元々装備が充実しているパッケージを購入していたことも有るのですが、それに加えて、HDDナビゲーションやトラクションコントロール、サイドエアバッグやムーンルーフなどをオプション装備として選択していました。
当初は、買取業者さんに売るつもりだったので、買取に関する交渉はディーラーでは行っていませんでした。
ただ、新車の購入交渉の際、念のため、マイカーの査定だけはしてもらっていたのですが、その時の価格で35万円という金額でした。この価格でも、年式と走行距離を考えると、決して不満ではなかったんです。
ただ、並行して査定をして貰っていた買取業者さんからは、一番高い金額で55万円という価格を出して貰っていました。
更に、キャンペーンや、即決で買取契約に応じることで、更に5万円の上乗せをして貰えるという破格の条件でした。
正直、当初はこの金額を出してくれた買取業者さんに売るつもりだったのですが、冒頭にも書いたように、代車を出して貰う事が出来ないという致命的な問題が出てしまったため、泣く泣く諦めることになりました。
というわけで、そうとなれば、代車を新車納車まで出して貰えるディーラーさんで高く買い取って貰うしかありません。
交渉を重ねながら、7回目のディーラー訪問の際にやっと出して貰えた金額が、50万円という下取り価格だったんです。
最高値よりも10万円は安くなりましたが、それでも、当初の金額を考えると、更に代車をずっと出して貰えるというメリットを考えると、この条件でもいいかという想いもあって、ディーラーに買取をお願いすることに決めました。
[30代自営業男性です。]

62
こちら


前のページへ<<   >>次のページへ